<< 空間メディア論 ONLINE | main | 30周年キャンペーン >>
リモートワークショップ@空間メディア論

 

 

先日は武蔵野美術大学での二週目の授業でした。
前回に引き続き、空間演出デザイン学科の空間メディア論。
オンライン授業なので、広い教室にまたひとり。

今回はワークショップだったので、手元だけでも…とお願いしたら、ビデオONにしてくれる人も。
それでもやはり、webカメラがついていなかったり、データ容量の問題だったり、約85名全員のを見せてもらうのはなかなか難しく…。
見えている人たちの進捗状況を確認しながら、見えない人たちについては、
大丈夫かな…?できてますか…?難しいかな…?わからないところがあったら訊いてくださいね
と声を掛けながら、時折質問してくれる人もいたりして、90分はあっという間でした。

授業後に、別室で授業を受けていた人のところに助手さんが案内してくれて覗いてみたら、素晴らしい作品が完成していてほっとしました。
リモートでもちゃんとできるんだなぁと感動したし、「たのしかったです」と言ってもらえてうれしかったです。
周りの様子が見えないぶん、自分の制作に集中できるという利点もあるのかなぁと。
後日動画で提出してもらうので、みんなの作品がとてもたのしみです。

自分の手でつくったものが動くという悦びや、あたらしい世界への入口を、今年も感じてもらえてよかったです。
私も新たな経験をさせていただき、至らない面は助手さんや先生にサポートいただき、本当に感謝です。

"カラクリ自己紹介" と題したワークショップ。
みんなの作品はまとめて一本の動画にして、観てもらう予定です。
どんな人がいて、どんなものをつくるのか、どんなもの(こと)が好きなのか、カラクリを通してお互い知り合って、学生生活がすこしでもたのしくなるきっかけに、なれたらといいなぁと思います。

#武蔵野美術大学 #空間演出デザイン学科
#オンライン授業

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
AUTHOR
SEARCH THIS SITE.