<< 目利き王決定戦 | main | 目利き王決定戦 >>
紙のイス

昨夜のフジテレビ生放送 「FNS番組対抗 オールスター春の祭典 目利き王決定戦」 で、私がつくった紙の椅子がクイズに出題されました。

「ホンモノはどっち?紙製のイスを見破れ」という、木で出来た本物の椅子と見比べて、どちらが本物かを目利きするクイズ。

 

本物に見える精巧さと、座った瞬間に崩れる脆さ、相反する両面を併せ持つもの、とても難しかったですが、つくるのはとてもたのしかったです。

ドキドキしながら迎えた本番も、何とか2チーム騙すことができ、一番不安だった崩れ方(じんわり崩れるのは避けたいと言われていたので)も、美しいほどに見事な崩れ方!バラバラに壊れてくれて大成功!!

 

怖がりながらも勢いよく座ってくださった、佐藤勝利さんに感謝です。

座る前、間近で見て「(木に)見えるんですよ」「近くだとわかんない」と言ってくださったのも、うれしかったです。

坂上さんが「佐藤勝利最高!」と仰っていましたが、本当に最高でした。

これ以上ないくらい、素晴らしい転び方に崩れ方。感無量。

ありがとうございました!!

 

(当日スタジオに入るまでは、座った人が怪我をしないか心配だったけれど、あの台には体操マットが敷かれていて転んでも大丈夫なことがリハーサルでも確認できたのでひと安心。逆に木の椅子に思い切りダイブした東出さんの方が痛かったんじゃないかと思います。)

 

一瞬で壊れるものを二週間掛けてつくるという仕事。

とてもおもしろかったです。

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
AUTHOR
SEARCH THIS SITE.