<< 納品のお知らせ | main | ありがとうございました!! >>
空間メディア論



先週は母校の武蔵美で講義がありました。 1・3年生対象の“空間メディア論”。
まだ入学したばかりの希望に満ちた新入生と 社会へ出ることを考えはじめた3年生が、もっと希望を持てるような話をできたらいいなと思い、臨みました。

100名を超える学生さんたちを前に、毎度ドキドキの90分。ペーパーからくりのこと、主な仕事内容、からくりに興味を持ったきっかけ、作家として活動するまでの経緯、学生時代の作品、デザインの仕事…等々、写真・動画を流しながら、“逃げ恥” は やはり盛り上がり、最後は実物にも触れてもらいました。

“ペーパーからくり作家” という何の手本もない職業だからこそ、仕事としてやっていけるようになるまで いろんなことを手探りでやってきて、その全部が今の糧となっているのだけれど、そのいろいろの どれかひとつでも、誰かの心に引っ掛かるといいなと思います。何かのときの道標になるといいなと思います。

展示会前日ということもあり、展示会のご案内もさせていただいたのですが、早速初日に来てくれた男の子がいて、ものすごくうれしかったです。

写真は 助手さんが素敵な世界観に仕上げてくださったポスター。武蔵美に向かう道中、大好きな先生が「今日どうしても行けなくて」と 激励の言葉と共に この画像を送ってくださって、うれしくて 力が湧いて、ほっとして、電車の中なのに うっかり泣いてしまった。先生のこういうところに、いつもやられてしまう。

categories
selected entries
archives
author
search this site