<< 漆掻き実演 | main | 魔女と、ステキな暮らし方 >>
陶の欠片

 

内田好美さんから届いた 陶の欠片。器をつくるときに出る端材に 釉薬をかけ 焼いてもらったもの。

12/3(土)からはじまる、安曇野のギャラリーシュタイネさんでの“魔女展”に向けて、アクセサリーに仕立てています。

 

夏の展示のときは 白い欠片が届いたのだけど、今回は紫。ちょっとグロテスクなものもあり、海の魔女“アースラ”のような印象。

同じ釉薬 “辰砂”をかけているのだけど、そのときによって 焼き上がりの色が違うようで。

夏には 貝殻や珊瑚みたいな 海の欠片のような白、魔女展には 海の魔女を想わせる紫、偶然だけれど イメージにぴったりなのは、好美さんの凄いところ。

意図ぜずうまれた形も ひとつひとつ 表情が違っておもしろい。

同じく陶芸家のご主人・関口憲孝さんの端材は 割と均等な形になるらしく、「なんでこんなおもしろい形になるのか不思議」だそうです。

 

下の写真は、先月 岩手のご自宅にお邪魔したときのもの。

たくさん積まれた器の中から いくつか購入させていただいたのですが、たのしすぎて あっという間に時間が過ぎてしまった、関口家訪問でした。

 

 

 

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
AUTHOR
SEARCH THIS SITE.