<< るるぶ 安曇野 松本 白馬 | main | 屑硝子のピアス >>
空間メディア論


一昨日は、武蔵野美術大学で講義でした。
空間演出デザイン学科 1・3年生の “空間メディア論” にて、ペーパーからくりのこと、具体的な活動内容、からくりに興味を持ったきっかけ、学生時代の作品、この仕事をはじめるまでの経緯、デザインの仕事・・・等々、写真・動画・実物にも触れてもらいながら 90分。

最後の締めの言葉だけは何も決めないで、そのときの皆さんの様子や状況などから 自然に出てきたことを話そうと思っていて。
1時間とすこし話してきて、最後に何を伝えたいかなと思ったとき、ものづくりに対しても 仕事に於いても、みんながもっと自由になれたらいいなぁと思い、 “ペーパーからくり”という特殊なものを制作し 仕事にしてきたということだけでなく、まったく違うことにも挑戦していく中で このところ感じていたことを話しました。

今回も熱心に聴いてくれている顔が垣間見え、ちゃんと聴いてもらえたこと、反応してもらえたことがうれしかったし、それぞれ興味のあることはさまざまで、質問もそれぞれまったく違うことについてだったり、思い掛けないようなことも訊かれたりして、いろんな話をしてよかったなぁと思いました。
最後の言葉を受けて相談に来てくれた人もいたりして、とてもうれしかったのですが、時間に限りがある中で ひとりひとりにあまりたくさんは話してあげられなくて・・・。
もっと詳しく話してあげられたらよかったなぁと思ったり。

いろいろ思うところもありますが、何かを手渡すことはできたのかなと思えて ほっとしています。
そして今回もまた、自分自身が気づかされることも たくさんあって、伝えに行って学んで帰る、というような感覚を手にすることができてうれしかったです。
このような場を与えていただけたこと、本当に有難く思います。
先生はじめ研究室の皆さま、最後まで聴いてくれた学生の皆さん、ありがとうございました!!

(写真は“16/06/10 今日の空デ”より)
http://kuude.musabi.ac.jp/archives/category/news/jyugyou




そして、大好きな小竹先生と、念願の初ツーショット♡
私にからくりの世界を教えてくれた人。「誰かの下に就くよりも 自分で切り拓いていくほうが学ぶことはずっと大きいよ」と背中を押してくれた人。「希、ガンバレ!」の一言に、たくさん力を貰いました。
この人の存在無くしては、今の私は無いと言っても過言ではないくらい、大切な人。そして、いつまでも憧れ続けさせてくれる人。
・categories
・selected entries
・archives
・author
・search this site.