<< ありがとうございました | main | 新作マスキングテープ >>
山口へ




















山口へ行ってきました。
旅の一日目は、宇部市で開催されていた 小澄正雄くんのガラス展へ。

ボタンを押し 扉を開けて乗り込むローカル線。
受け取られなかった整理券が シュッと戻って 蓋が閉まる、その動作が見事に真面目で滑稽で、これはどんな仕組みになっているのだろうかと考えたり、停車する駅の名をひとつひとつ確認したり、車窓から 見える海の穏やかさを感じたり、そんな風に過ぎゆく時間をたのしみながら 宇部新川へ。

春の訪れを感じる あたたかな青空、その空のように やわらかく澄んだ美しさをもつ、正雄くんのガラス。夏に感じるキリッとした爽やかさとはまた違う、春を迎える歓び。

正雄くんともすこし話せて、母へのプレゼントを選び、再び電車に乗って 山口市の湯田温泉へ。
“美肌の湯”、ゆっくり浸かって長旅の疲れを癒す。

二日目は、朝陽の下での温泉から、ゆるやかで気持ちのよいスタート。
狐の足あと” にて、オートマタ展を開催中の 原田さんご夫妻と待ち合わせ。
山口をテーマにつくられた新作オートマタは、動きのおもしろさと 仕組みの美しさが絶妙で、それを存分にたのしんだ後は、山口の銘酒三種を利き酒。
お酒を呑みながら オートマタもたのしめて、更に足湯もできるのです。
展示は3/31まで。のんびり身体も癒せるところですので、山口の方はもちろん、遠方の方も是非。

それから 国宝 瑠璃光寺五重塔へ寄り道し、原田さんご夫妻のカフェギャラリーAUTOMATONへ。
原田さんの作品と、海外の作家さんのオートマタと、本や絵が美しく調和する空間は心地よく、奥様の めぐさんお手製のマフィンやおつまみも絶品で、美味しい山口のお酒もいただきながら、たのしい旅も終わりを迎えました。

お腹も心も満たされる、よき旅でした。
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
AUTHOR
SEARCH THIS SITE.