<< 2014 花火のあと | main | 腹が空く器 >>
からくりフェスティバル


















お礼とご報告が 大変遅くなりました。
島根県の浜田市世界こども美術館にて開催されました『からくりフェスティバル』、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

終了前日、私も会場へ行って来ました。
実家経由で、広島駅から高速バス。
車窓からの雪景色を眺めながら、はじめての島根。
浜田駅で路線バスに乗り換え、日本海に面した美術館へ。

広い空間にずらりと並ぶ からくりたち。
ひとつひとつ、ハンドルを回して動かせるようになっていて、みんな 順番に回しては にんまり笑顔になる。
その光景を見るのが 私は本当にうれしくて たのしくて、自分がつくったものでもなければ、自分が展示したものでもないのだけれど、やっぱり みんなの驚いた顔や たのしそうな顔はいいものだなーと思いました。

そして、その顔を引き出せる力は、やっぱりすごいなぁと思いました。
だから私は からくりたちを見ると、いつも すごい力を感じます。
たのしいだけじゃない、力強さを感じます。
そこがきっと魅力なのだろうなと、だから大好きだし つくりたくなるのだろうなと、今回浜田に行って 改めて思いました。

つくるだけじゃなく、伝えること、広めるということにも 力を注いでいる 二象舎の原田さんご夫妻からは、いつも 大きな力を感じます。
つくるのにも 伝えるのにも とても大事なことがあって、そこの部分が すごく絶妙というか、一番いい形で差し出されている感じが、私はいつも じんわり心に響いて感動するのだけど、なんだかそれをうまく伝えられないのがもどかしい・・・。

原田さんとめぐさんと、昨年から いろいろお話しできる機会があって、お二人と話していると、私ひとりではできなかったこと、思い描いていた たのしいことが、実現できるんじゃないかという気がして わくわくします。
すこしずつ 形にできるといいなぁ・・・。

くらりかのからくりたちも とても大切に扱っていただいていたことが、ミュージアムショップを見た瞬間 伝わってきて、感激しました。
たくさんの方に手に取っていただいたようで、とてもうれしいです。
本当にありがとうございました。

美術館のスタッフの皆さまも あたたかい方ばかりで、いろいろなところに気配りされていて、会場に来られたお客さまが よりたのしめるような工夫が たくさん施されていて、とてもいい美術館だなぁと思いました。
日本海を眺めながらのティータイムも 贅沢なひとときでした。

はじめての島根。
ものすごく充実感のある旅でした。
categories
selected entries
archives
author
search this site