ジュウシマツバス

ジュウシマツバスの動画、こちら に 載せました。

https://www.instagram.com/kuralica_nozomi/

 

カムをつかった、単純な仕掛けです。

ぜひご覧ください。

寒中お見舞い申し上げます

 

年賀状をいただいた皆さま、ありがとうございました。

葉書に手書きのメッセージ、やっぱりうれしいものですね。

あたたかい気持ちになりました。

 

私のほうは 思いのほか時間が掛かってしまい、松の内に間に合わなくて ごめんなさい…。寒中お見舞いとしてお返事させていただきましたので、そろそろ届く頃かと思います。

 

昨年お仕事させていただいた、ドラマ “逃げ恥” の “ジュウシマツバス” をアレンジしました。バスの上で、ジュウシマツが くるくる踊ります。

寒い日が続きますので、あたたかいお部屋でペーパーからくり、たのしんでいただけるとうれしいです。

black balloon

 

 

 

 

魔女展に合わせて、気球の魔女バージョン “black balloon” つくりました。

モノクロのバルーンに赤い紐。ラベルもブラック。滑車は魔法陣をイメージしたデザインに。

カラフルなバルーンもたのしいけれど、こんな シックなバルーンもいいかなぁと。

一番上の写真は、飾り付け例。こんな風に、いろいろアレンジもできます。

 

そしてやっぱり たくさん吊るすと たのしくて。

安曇野の森の中、妖しげな館では、魔女の箒と一緒に たくさん浮かんでいます。

 

 

『魔女と、ステキな暮らし方』

2016年12月3日(土)―25日(日)
open 10:00―17:00 ※木曜休館
ギャラリー・シュタイネ
長野県安曇野市穂高有明7360-17

Tel&Fax 0263-83-5164

・HP (要Flash) http://steine.jp

・blog http://steineblog.exblog.jp

 

[出展作家]

kuralica 石井希 (ペーパーからくり・アクセサリー)

ホウキボシ 山越彩子 (ほうき)

松浦唱子 (陶器)

G&M Works まとはまがんじ・安竹みどり (陶器)

カム

 

倉敷美観地区の伊勢屋さんへ、ペーパーからくり 納品しました。

秋の倉敷、たくさんの人にお立ち寄りいただいたようで、からくりも たくさん選んでいただけて、とてもうれしいです。ありがとうございます!!

 

このからくりは、実家で飼っていたパピヨンの “クッキー” がモデルです。

うれしいとフリフリする、ふわふわのしっぽが可愛くて。このからくりをつくって以来、今もたくさんの方に手にとっていただくことができ、有り難きしあわせです。

 

カムを使った単純な仕組み。カムの形や軸の位置、数量や組み合わせなどによって 様々な動きをうみ出せる、単純だけれど 奥深い仕掛けで、私もいろんな作品に取り入れています。

はじめてのからくり、にも おすすめの仕掛けです。

カムを使って、オリジナルのからくりをつくってみるのも たのしいと思います。

あるパーツ

 

ペーパークラフトの、展開図から切り抜いたパーツ。
立体を平面に切り開いていくと、思いがけない形になったりする。自然にうまれる形。これを組み立てると 立体に成るのです。

ちなみにこれは 今回はボツに…。でも いい形だったので、またの機会に活用しようと思います。

#ペーパークラフト #展開図 #papercraft #paperart #parts

納品のお知らせ




倉敷の伊勢屋さんへ、納品しました。
長年大切に大切に扱っていただいて、それでも壊れたらその都度直してまた大切に扱っていただいて、でももう本当にどうしようもなくなってしまったと、とても申し訳なさそうにお電話をいただいて、うれしいなぁ有難いなぁと思いながら、ひこうきのサンプルを作って一緒にお届けしました。
また、たのしんでいただけますように・・・。

寒い日が続いていますが、倉敷は美観地区の町並をたのしみに来られるお客さまがたくさんいらっしゃるそうです。
kuralicaのペーパーからくりやマスキングテープもお土産に選んでいただけてうれしいです。ありがとうございます。

伊勢屋さんの年末年始のお休みは 31日のみ、年明けは元旦より営業されます。(※4日は定休日です。)
お正月休み、ぜひ倉敷美観地区へ。
私も帰省の折に伺えたらいいなと思っています。
Merry Christmas




私がはじめて制作したオリジナルのペーパークラフトは、この サンタの“はしご人形”でした。
(色や模様、カードの形状などは当時のものとは異なるけれど。)
12年前、小学校の教育支援員という仕事をしていたとき、子どもたちにクリスマスカードを贈りたいと思い、つくったのが はじまりです。

「のぞみ先生、すっげぇ〜!」と 目をまんまるく キラキラ輝かせる子どもたちの笑顔がうれしくて、それは今でも心の奥にずっとあたたかく在り、私を動かしてくれます。

当時6−7歳だった彼らは18−19歳。(24だった私は36。)
数字にすると 月日を経たのを実感するけれど、元気にしてるかな?と思い浮かぶのは、当時のぴかぴかの笑顔なのです。
今日も笑って たのしく過ごせているといいなぁと 願いながら。

Merry Christmas
皆さま、素敵なクリスマスを・・・☆

水車の修理












有馬玩具博物館に収蔵されている “水辺の町”。水車部分を修理しました。
最初の制作のときは夢中すぎて、何をどうしてこうなったとか、ほとんど憶えていないので、改めて組み立てると、よくこんなのつくったなぁとか、私もう つくれないんじゃないか とか思ったり。(でもまたつくるのだけど。)

古い水車を外して、新しい水車と取り換える。なんだか気持ちがいい。
動作確認した館長が「この 軽やかに回るのが気持ちいいよね」と言ってくれる。うれしい。
そう、すごく軽いのです。摩擦なども考慮して設計したのだと思います。



“現代のからくり・オートマタ”のフロアである4Fの、ペーパーからくりコーナー。各国の素晴らしいペーパーからくりに囲まれて、恐縮ですが、うれしいです。





常設展示は久々に観たけれど、国内外のオートマタが一度にこんなにたくさん観られるなんて 贅沢だなぁと、改めて。
個性豊かでユーモア溢れるオートマタは やっぱり魅力的です。
もっともっと たくさんの方に観ていただいて、触れていただいて、その魅力を知っていただけるといいなぁと思います。
商品いろいろアップしました


大変ご無沙汰しております。
2015前半の慌ただしさから解放され、心身を癒すべく、7月は緩やかな時間の中でいろんな人と顔を合わせて たくさん笑って たくさん呑んで、満たされた気持ちで ゆったりと制作しながら、ずっと後回しにしてしまっていた サイト内の商品ページの作成などをしておりました。
一気にどどんと増えています。

それから YouTubeにも、動画いろいろアップしました。
こちらは昨夏のかぐれ表参道での展示の際に、スタッフ矢田ちゃんにご協力いただいて撮影した『水辺の町』。ぜひご覧ください。
よろこびの街


大小10個の平歯車とクランク、一組のピン歯車、5つのカムで繋がる街。
その中を転がり、運ばれ、循環する ちいさな球。

有馬玩具博物館の雨宮さんに 撮影・編集していただいた動画を YouTubeにアップしました。

『よろこびの街』ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=dPPge6d2Tw4
categories
selected entries
archives
author
search this site