リモート在廊

 

 

 

はじめてのリモート在廊、


たのしかったーー!
しあわせだった〜〜


というのが、いま心にある、叫びたいほどの率直な気持ちです。


足をお運びいただいた皆さま、本当にありがとうございました!
画面越しではありますが、お会いできて本当にうれしくて、本当にたのしくて、すごくしあわせな一日でした。


皆さまの笑顔や「わぁ…」と零れ出る声が、うれしくてうれしくて泣きそうでした。


やさしさ溢れる穏やかであたたかな空間を創ってくださったTohkiの中園さん、共に創り上げた作品を丁寧に伝えてくださる石原さん。
私も本当にその場にいるかのように錯覚できたのは、お二人がいたからこそ。
しみじみとあたたかく、心健やかになれる、そんな時間でした。


展覧会は11/9までつづきます。
朝の光もとてもいいです。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

石井希+石原稔久 展
“BONUS!”
2020.10.24 sat - 11.09 mon


9:00-12:00 (ご予約のみ) ☎080-3941-3560
12:00-18:00 (通常営業)
木曜休

 

Tohki
福岡市中央区平尾3-10-23
https://tohki.jimdosite.com

BONUS!展、はじまります

 

 

 

 

 

"箱"じゃないけど、お皿に"オマケ"をつけるのもいいかなぁと思って

 

そんなことを "オマケ"を送ってもらう直前に石原さんに言ってみたら、すぐに一緒に届きました。
あまりの早さにびっくりです。

 

ただ、思っていたお皿のイメージとは違ったので、どうしようかなぁ…と眺めていると、水面をつくろうと思いつきました。
そしてそれがフタになる。
想像と違ったからこそ、うまれた形。
違ってよかったし、石原さんがせっかちでよかった。
と、また思えた瞬間。

 

そして実際つくってみたら、船とブイの影が水面に映るという思い掛けない"オマケ"も。
水の中が見えるので、お菓子を入れたりアクセサリーを仕舞ってもたのしいなぁと思ったり。

 

今回、"箱"の概念として、私が決めていたことはふたつ。
"ミ"と"フタ"があること。
その中に"オマケ"を仕舞えること。
あとはどんな形でもどんな素材でも、いいんじゃないかなぁと。
そしてこのお皿も思い掛けず "箱"になりました。

 

船とブイ、"フタ"となる水面をつくって送り返すと、石原さんがお皿を海にしてくれる。
なんとなく私は、深い青を想像していたけれど、石原さんが見せてくれた海は、私の故郷の海のような、穏やかでやさしい青でした。
想像と違うから、たのしいし、うれしい。
そして、懐かしくてあったかい気持ちになりました。

 

BONUS!をテーマにしたコラボレーション。
石原さんが蒔いた物語の種が、おもしろく芽吹く。そんなことを願いながらつくりました。
そして明日、Tohkiさんで、どんな風に咲いているのか、私もとてもたのしみです。

 

やさしさに溢れた展覧会になると想います。
ぬくもりを感じにいらしていただけると幸いです。

 

初日は石原さんが在廊してくださいます。

私は"リモート在廊"を、させていただこうかと思っています。
昨夜ふと思いついたはじめての試みなので、うまくできるかわかりませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

石井希+石原稔久 展
“BONUS!”
2020.10.24 sat - 11.09 mon


9:00-12:00 (ご予約のみ) ☎080-3941-3560
12:00-18:00 (通常営業)
木曜休

 

Tohki
福岡市中央区平尾3-10-23
https://tohki.jimdosite.com

BONUS!

 

 

 

 

 

 

 

 

【展覧会のご案内】

 

福岡のTohkiさんにて、陶芸家の石原稔久さんとの展覧会がもうすぐはじまります。
タイトルの BONUS! は、日本語で"オマケ"という意味です。

 

石原さんがつくるオマケを入れる箱をつくってほしいとお申し出いただいたのがはじまりで、石原さんのオマケから浮かぶ物語を包む箱と、私もオマケつくりたい!とお願いしてつくっていただいた陶器の箱から、そこに宿る物語を形にしました。

 

石原さんが当初イメージしていた "箱" とはぜんぜん違うものになってしまったけれど、それをとてもおもしろがってくださるので、私は自由にのびのびと、たのしく制作させていただいております。

 

ペーパーからくり作家ですが、金属や木や布や粘土など、今回はいろんな素材をつかっています。

 

妄想が過ぎる二人の作家が、互いの妄想を笑い合い讃え合いながらうまれた物語。
きっとくすっと笑っていただけるんじゃないかと思います。

 

どうぞおたのしみください。

 

 

石井希+石原稔久 展
“BONUS!”
2020.10.24 sat - 11.09 mon


9:00-12:00 (ご予約のみ) ※ご来店の前日までに、お電話にてお申し込みください。
12:00-18:00 (通常営業)
木曜休

 

※ご予約の受付は10/11(日)12時より承ります。

☎080-3941-3560

 

Tohki
福岡市中央区平尾3-10-23
https://tohki.jimdosite.com

伊勢屋30周年記念限定set

 

 

 

 

 

7月に30周年を迎えた倉敷の伊勢屋さん。

そのお祝いと日頃の感謝を込めて、オリジナルマスキングテープの記念ラベルをデザインさせていただきました。

 

以前一度だけ限定販売し、再販を望む声を多くいただいていた、伊勢屋のおもちゃを描いたテープの白地バージョン。(定番は黒地の "伊勢屋の夜")

そして初期のデザインで、長らく生産されていなかった "星空"。

これは私自身気に入っていて、手元にもなくなっていたので、また販売できないかなぁ…と密かに思っていたもの。

 

どちらも復活できて、とてもうれしいです。

 

9月12日からはじまるmtファクトリーツアーの開始に合わせて、数量限定で発売されます。

ツアー参加の方はもちろん、どなた様もお買い求めいただけますので、どうぞよろしくお願いします。

 

また、9月30日までは、倉敷市内で実施されているdocomoの応援キャンペーン "くらしキャッシュレス" により、「d払い」アプリでのお支払いで最大20%ポイント還元となっております。

(※上限あり。※d払い(iD)、dポイントでのお支払い分は対象外。 )

ぜひご利用ください。

 

☞くらしキャッシュレス

 

☞伊勢屋ホームページ

出前工作教室

 

 

 

 

 

 

こちらのお宅では、小学生の娘さんと一緒にお母さんも参加してくださいました。

キットを使ってペーパーからくりをつくってみたいと言っていただいて、お二人なので、それぞれつくりたいものを。

 

絵を描くのが好きな娘さんは、組み立てた鳥に色着けするのもとてもたのしそうで、細かい作業が好きというお母さんは、細部までとても丁寧に仕上げられていました。

なかなか自分の時間を持つことができないお母さんにとって、ぐっと集中して何かをつくる時間は特別なものだったようで、たのしんでいただけて私もうれしかったです。

 

出前工作教室は、こんな風に親子でのご参加も◎

 

からくりキットを使ったもの、空き箱など身近な素材でつくるもの、絵を描くなど、ご希望に合わせて承ります。

 

動画はこちらには投稿できないので、instagramに掲載しています。

@kuralica_nozomi

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
AUTHOR
SEARCH THIS SITE.